ハーモニックセラピーの改善例

自律神経失調症の30代男性の改善例

不定愁訴とは原因がはっきりしない不調の事ですが、主なものは下記のような症状です。

 

めまい、頭痛、耳鳴り、慢性疲労、元気がでない、やる気がでない、自律神経失調症、

うつ病、更年期障害 等

 

今回は自律神経失調症の代表的な改善例を記述してみたいと思います。

 

30代の男性の方で仕事はSEです。

(自律神経系の不調はSEの方がとても多いです)
仕事が忙しくて毎日終電で帰るような生活、

土日の休みもつぶれる事が多い仕事環境でついに仕事が出来なくなり、

病院で「自律神経失調症」と診断され3カ月間の休職の後復職しましたが、

「体調がよくなくて仕事をするのがかなり辛い」

ということでご来院されました。

主な症状は

疲労感、集中力が続かない、頭がボーっとする、やる気が出ない、

頭痛、首・肩の痛み、等でした。

原因を特定するために検査したところ
1、脳脊髄液の循環不良のサインがとても強く出ている。

2、肝臓、副腎の機能低下のサイン。

3、自律神経・ホルモンバランスの乱れのサイン。
4、首・肩周辺がカチカチに凝り固まっている。

等が目立ちました、自律神経失調症やうつ病の方の典型的な不調のサインです。

このような場合の施術は主に下記のような手順になります。

1、骨盤を矯正して脳脊髄液の流れを良くする。
2、脳を活性化させて自律神経・ホルモンの乱れを調整。
3、肝臓・副腎を元気にする施術。
4、凝り固まった首、肩の筋肉を緩める。


最初の施術終了後に身体全体が軽くなった気がするとのこと。

その後は施術の度に少しずつ体調が回復するのが実感出来たそうです。

5回目の施術終了後の感想としては、

「仕事に支障がない位にまで回復してきたが、まだ元気なころの状態までには戻っていない」ということで、
その後も2週間に1回程度の通院を続けて頂きました。

 

最初の施術から3ヶ月後(10回の施術)には

診療内科の先生から「もう薬をやめても良いでしょう」といわれたそうです。
その後は3週間に1回の通院間隔にしましたが、5か月後には、

「薬は全く飲んでいないのですが、体調はとても良くて元気なころと同じように仕事にができている」とのことでした。

この患者さんの回復ペースは当院をご利用の患者さんの中では標準的なケースでした。

自律神経失調症の場合は改善速度にかなり個人差がありますので、

人によってもっと早く良くなったり、反対にもう少しかかるケースもありますが、
あきらめずに通院していただければ当院の実績ですと、90%以上の確率で改善可能です。

産後の骨盤矯正や産後の不調でご利用される患者さんの代表的な改善例

世田谷カイロ整体院では産後の骨盤矯正や産後の不調でご利用される患者さんがとても多いです。

今回は産後の骨盤矯正や産後の不調でご利用される患者さんの代表的な改善例を記述します。


産後の不調でご利用される患者さんの多くは、
肩こり、腰痛、股関節痛、手首の痛み、お尻の痛み、膝の痛み
などを抱えていらっしゃいます。

出産のときは産道を確保するため、
靭帯を緩めるホルモンが分泌されて骨盤が開くと言われています。


産後の骨盤矯正はこの開いた骨盤を元に戻すことを指すのですが、
当院をご利用された患者さんを診させていただくと、骨盤の歪みは出産時に開いた骨盤開きだけでなく、
上下の歪みも抱えている人がほとんどです。

出産時の骨盤の歪みは骨盤が左右に開く歪みですので、上下にの歪みが有る方は、
たぶん出産前から骨盤が上下に歪んでいたのではと推測されます。


このような場合は、産後に開いた骨盤を締めるのはもちろんのこと、
元々ズレていた上下方向の骨盤のゆがみも矯正させていただきます。

骨盤を矯正しただけでも、肩こりや腰痛などの痛みは、ある程度は緩和されますが、
残念ながらそれだけでは痛みは完全にはよくなりません。

当院では、骨盤矯正だけではなく、腰痛や肩こり、手首の痛み、股関節の痛み
などの痛みをとるための施術も同時に行います。

腰痛や肩こりの直接の原因は、
ほとんどの場合で、筋肉や靭帯に発生した「トリガーポイント」
呼ばれる頑固なコリです。
この頑固で固いコリを、当院では特殊テクニックを使って緩めて行きます。
トリガーポイントを緩める事で、痛みのほとんどは改善します。

1、骨盤矯正で根本原因を改善。
2、筋肉に発生したトリガーポイントをほぐして痛みの直接原因を解消。
この二つを同時並行で行うことで産後の痛みのほとんどは解消します。

また、育児中のママは睡眠不足、育児ストレス、糖質の取り過ぎ等で、

・自律神経・ホルモンバランスのが乱れ。
・内臓の機能低下。

を抱えている方もとても多いです。

そのような場合は自律神経・ホルモンバランスを整える施術や、内臓の働きを良くする施術も加えて行きます。

当院の施術はこんな感じで、患者さんの症状に応じて、
骨格、筋肉、自律神経、脳脊髄液の循環、リンパ液・血液の流れ
など体全体を多方面から改善して行くのが特徴です。

「ボキッとして骨盤や背骨を矯正するだけ」、
「マッサージで筋肉をもみほぐすだけ」、
などの施術とは全く別物です。

坐骨神経痛でお困りの50代女性の改善例

今回は坐骨神経痛で困っている50歳代の女性の改善例をご紹介します。

 

※お尻や太モモの裏が痛んだりシビレたりする症状を総称して坐骨神経痛と呼びます。

今回の患者さんは、20年前から腰やお尻そして太ももの裏に痛みがあったそうです。
特にこの2~3年はお尻から太ももの裏や側面にかけて激しい痛みが出るようになってしまいました。

病院では「脊椎すべり症&坐骨神経痛」と診断され
「もう一生付き合ってゆくしかない」と言われて
かなり強い痛み止めの座薬をもらって何とか痛みを紛らわせていたそうです。

当院に来る前は、近所の接骨院で「毎日通って下さい」と言われて3ヶ月間ほぼ毎日通院したものの痛みに変化はなかったそうです。

今回の患者さんは検査の結果、

1、直接原因としては、筋肉に発生したトリガーポイント

※トリガーポイントとは筋肉に発生した硬いコリのことで、この硬いコリがとても強い痛みやシビレを発生させます。

 

2、根本原因としては

・骨盤のズレ

・腎臓の機能低下
の二つが見つかりました。

(注)

骨盤がズレルと腰からお尻の筋肉に負担が来てトリガーポイントを発生させます。

また腎臓が弱ると骨盤が広がります、骨盤が広がるとお尻の筋肉に負担がかかり、

トリガーポイント発生の大きな要因となります。


施術の内容は主に
1、骨盤の矯正

2、腎臓を元気にする施術

3、痛みの直接原因のトリガーポイントの解消
の3点でした。

2回目のご来院時には痛みが約50%に減ったとのこと。
その後毎回痛みが改善して5回目が終了したときには
まだお尻に違和感はあるものの、痛みはほとんど出ないレベルまで改善しました。

20年前から苦しんでいた痛みが短期間に良くなったので、
患者さん自身がとてもビックリしていらっしゃいました。

そして、「もっと早く来ればこんなに長い間苦しまなくて済んだのに」
としみじみとおっしゃていました。

このような言葉を、今までも多くの患者さんからいただいておりますが、

残念ながら患者さんは「どこへ行けば良くなるのかが分からない」というのが実態です。

今回は運よく知り合いの方のご紹介で当院をご利用いただいたとのことですが、

お役に立てて本当に良かったです。

 

慢性的な腰痛をお持ちの30代OLの改善例

「慢性的な腰痛」の改善例をご紹介します。

千歳烏山に住む30代のOLの方です。
もう10年以上も前から腰が痛くて、
ぎっくり腰も何回も繰り返して来たそうです。

いままでも近所の接骨院や鍼、マッサージなどを定期的に
利用していたそうですが、なかなか改善しなかったので、
「自分は腰痛持ちなのでしょうがない」
と半ばあきらめていらっしゃったそうです。

友だちからの勧めで当院をご利用いただくことになりました。

この患者さんは、ご来院いただいた時の姿勢をみただけで、
「ああ骨盤がずれているな」とわかりました。

具体的にいうと
・歩く時の動きがぎくしゃくしている
・右肩が下がっている
・首が左に傾いてる
・上半身が前傾している
といった現象です。

当院では最初は全身のチェックから入りますが、
予想通り、右側の骨盤の関節がずれており、
背骨を支えている腰周辺の深層部の筋肉がガチガチにコリ固まった状態でした。

この患者さんに腰痛が発生している仕組みを簡単に説明しますと、
下記のようになります。

この患者さんの場合、痛みの原因は大きく分けて二つあります。

一つは、痛みの直接的な原因の部分ですが、
それは腰の筋肉に発生した固いコリです。


腰の周辺の背骨を支える役割をする筋肉に、
慢性的な負担がかかると、
そこの筋肉に固いコリが発生してしまいます。
この筋肉の固いコリが痛みの直接的な原因となります。

二つ目は根本的な原因の部分ですが、
それは「骨盤のゆがみ」です。

この患者さんの場合は骨盤の右側が頭方向に移動していました。
骨盤が歪むと、その上に乗っかっている背骨が傾きます、
背骨の傾きを最小限に食い止めるために、
脳が腰周辺の筋肉に指令を出して、
筋肉に力を入れることで背骨を支えようとします。

そうなると、
腰周辺の筋肉には絶えず力が入りっぱなしの状態になります。
その結果、筋肉に固いコリができて、慢性的な痛みを発生させます。

このような症状を改善するためには、
主に二つの部位にアプローチする必要があります。

一つは、直接原因の腰周辺の筋肉のコリへのアプローチです。
ただし、このような慢性的なコリは、
深層部の筋肉(俗に言うインナーマッスル)にまでコリが発生しています。
このような場合は一般的な「もんだりほぐしたり」といったやり方では
コリはとれません。

この先は企業秘密の部類になるのであまり詳しく書けませんが(笑)
筋肉にある種の刺激を与えることで、
インナーマッスルに発生したコリは除去出来ます。
施術のごとに、深層部のコリがだんだんと取れて行き、
それに例して、痛みはもだんだんと緩和して来ます。

二つ目は、骨盤の矯正です。

筋肉のコリを取って一時的に痛みが緩和しても、
骨盤がずれている限りは、上に乗っかっている背骨が傾き、
腰周辺筋肉に絶えず負担が発生し続けますので、
一時的に痛みが緩和しても、またしばらくするとコリが発生して、
その結果痛みが再発してしまいます。

骨盤を正しい位置に戻して、背骨の傾きをなくすることで、

筋肉に負担が発生しなくなり、腰の筋肉にコリが出来にくい体質になります。

今回の患者さんも、
上記のような方針のもとに、施術を行いましたが、
結果5回目の施術終了後には、
腰の痛みをほとんど感じないレベルにまで回復していただけました。

ただし、
腰痛の原因は人によって異なります。

当院では先ず最初に、体を入念にチェックして

腰痛の「直接原因」と「根本原因」を探ってゆきます。

そして原因に応じて最適な施術方針を組み立て、
患者さんに説明して同意をいただいた上で、初めて施術に入ります。
その結果が高い改善率につながっております。

慢性的な首、肩、肩甲骨の痛みでお困りの40代会社員の女性

40代の会社員の女性の患者さんです。
慢性的な首、肩、肩甲骨の痛みでお困りとのことです。

パソコンを良く使う仕事だし、手芸が趣味で肩や首に負担がかかり易いので、
痛みはしょうがないと諦めていらっしゃったそうですが、
今回は首の付け根(首の下側)付近の痛みが強くなり、
少し動かすだけでも痛くて、首も動かせない状態になってしまったそうです。

最初は近くの接骨院に通われたそうですが、
「寝違いなのでしばらく通院してもらえば良くなります」
と言われて何回か通ったものの、
痛みが一向に改善しないため、当院にご予約されました。

いつも通り、検査から入りましたが、
この患者さんの根本原因としては、

根本原因とは痛みを発生させる原因となっている根本的な不具合のことです。

一つ目に骨盤の歪みがありました。

右の骨盤が左と比べると頭方向に歪んでおり、
足の長さも右足が3cm程短くなっていました。

昔からあった慢性的な肩コリは、
骨盤の歪みが大きく影響していると推測されます。

二つ目の根本原因としては心臓の疲労が見つかりました。

心臓が疲労すると、
首の付け根付近(首と肩の境目辺り)の筋肉が固く硬直して、
痛みが発生しひどくなると動かすのもつらくなります。

最近首の付け根が痛くなったのは、
心臓の疲労が大きく影響を与えていたと推測されます。

心臓は疲労、ストレス、寝不足などが続くと疲れて来るのですが、
患者さんに聞いてみると
最近実家の母親が倒れて介護が必要となり、
患者さんが毎週末2時間以上かけて介護に通っているとのこと。

母親の病気に対する心配と介護の疲労が心臓を疲れさせたと思われます。

今回の施術内容としては主に下記の4点を行いました。
1、骨盤の矯正
2、心臓を元気にする施術
3、首から肩の筋肉のコリを柔らかくする施術
4、自律神経の副交感神経(リラックスモードの神経)を優位にする施術

1回目の施術後に状態を確認すると、
1、首の付け根の痛みはまだあるが、かなり軽減されて首もかなり動くようになった。
2、最近息苦しくて胸が圧迫されている感じがあったのだがそれが無くなった。
3、肩~首がすごく軽く感じる。
とのことでした。

根本原因から改善するために、
5回通院していただきましたが、
5回目終了後には、
首の付け根の痛みは全くなくなりました。

首~肩にかけての慢性的な痛みも、
普段はあまり気にならないレベルまで良くなったとのこと。

今回のケースは患者さんの治癒力がもともと高かったこともあり、
早めに改善されました。

慢性的な首こり・肩こりの場合は長引くと
7~8回程度通院してもらうこともありますが、
当院の今までの実績ですと10回以上かかることはほとんどありません。

慢性的な肩こりや首のこりは、
根本原因をかかえていらっしゃるケースがほとんどです。

根本原因は患者様によって様々ですが、
原因がどこに有るのかを的確に把握して適切な施術を行うことで、
慢性的な痛みも改善は可能です。

長年頭痛でお困りの30代の女性会社員の改善例です。

長年頭痛でお困りの30代の女性会社員の改善例です。

 

10年以上前から慢性的な頭痛でお困りとのこと、

ほぼ毎日偏頭痛が発生し、ひどくなると吐き気や目まいも出るとのこと。

 

頭痛外来で検査してもらうと「脳には異常がないと」診断され、

お医者さんから

「自律神経の乱れから来ている可能が高いので診療内科で診てもらって下さい」

と言われ診療内科でうつ病の薬を処方されたが全く効果がないとのことで

当院にご来院されました。

 

頭痛にも色々なタイプがありますが、

当院で色々検査をさせていただきましたところ、

この患者さんの頭痛は「緊張型頭痛」と推測されました。

このタイプの頭痛は、首・肩・後頭部周辺の筋肉が
緊張状態になったり、硬いコリができることで発生します。

緊張型頭痛の方のほとんどは慢性的な肩こりや腰痛もお持ちです。

この患者さんも肩こり腰痛でお困りとのことでした。

そして緊張性頭痛の方の根本原因はほぼ間違いなく「骨盤の歪み」です。

今回の患者さんも、後頭部、首、肩の筋肉がカチカチに凝り固まっているだけでなく、

骨盤にも大きな歪みが見られました。

 

施術方法としては、主に下記の3点を行いました。
1、肩や首の筋肉のコリを柔らかくする。

2、自律神経を整える。

3、骨盤を矯正する。

4、弱っている内臓を元気にする

今回の患者さんの場合は、1回目の施術後に頭痛の頻度がかなり減少したとのこと。

3回目の施術後には頭痛は全く発生しなくなったそうです。
さらに、今まで慢性的に有った肩こりや腰痛もスゴク楽になったとのこと。

 

骨盤を良い位置に定着させるために合計5回通院していただきましたが、

3回目以降頭痛は一度も発生していないそうです。

 

今回の患者さんはかなり重症の頭痛でしたが、順調に改善されました。

当院をご利用される頭痛患者さんの約80%は緊張性頭痛ですが、

緊張性頭痛は当院の実績では95%以上の改善率となっています。

ハーモニックセラピーでの改善例
入学随時受付中!お申し込みはこちら

ハーモニック整体アカデミー公式ブログ

症状改善例をご紹介!整体症例ブログ
東京の整体スクール ハーモニック整体アカデミー 実践的なテクニックを直接指導「本当に治せる整体師」に育成します

お気軽にご相談、お問い合わせください

03-5969-9228

メールでのお問い合わせ
京王線 千歳鳥山駅前 西口北側 徒歩2分

東京の整体スクール
ハーモニック整体アカデミー
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山6-4-14
ライオンズステーションプラザ千歳烏山1階

PAGE TOP